ウィークリーQ第25回目

ウィークリーQ アジアの玄関口~地方からグローバルに向けて~

第25回目のゲストは有機農法を学び直し、その普及と地域活性化を目的に起業した元農業高校の校長先生!?
毎週月曜の朝10時半からお届けする「ウィークリーQ」
9月28日(月)、第25回目のゲストは農業生産法人株式会社「産」 代表取締役社長
髙山 憲行(たかやま のりゆき)さん
をお迎えします。
地元の人々の協力の下、有機栽培に農業の未来を見出して地域の活性化を掲げて作られた農業生産法人。
手間がかかるうえ病害虫のリスクなど、農家にとっては高い壁が立ちはだかる有機野菜は、自社運営の「筑後川の駅 しばかり」で販売中。
「しばかり」には、高山社長に賛同する地元農家からも有機野菜が持ち込まれ、いろいろな種類の野菜が揃っています。
現在は有機野菜以外にも、モリンガ、メナモミ、日向当帰(ヒュウガトウキ)等の薬草を生産し、その乾燥製造にも力を入れながらサロン運営まで幅広く活動しております。
長年培った農業目線ならではの地域活性化のチャンスキーワード「自然」。
筑後川の流域のすばらしい環境を見直す時期。都市部の人たちとの交流を積極的に職場に設ける活動、安全安心な人の健康は食からをモットーとしたこれからの視点などいろいろ伺っていきます。